螺子花便り

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

石見銀山地質研究会

 24日石見銀山ガイドの会の案内で五十猛「鉛山」の鉱山を見に行きました。
坑内に入るとの事、ヘルメットを用意して行きました。歩くのも差ほど苦も無く、ゆっくり登って来ました。
江戸時代の手掘りの後などを見学して来ました、ずりの所で金色の粒の入った石を見つけて
持って帰って来ました。

  「なまりやま ぎんざんまぶと うろのやみ」
d0098541_1055028.jpg
d0098541_1061917.jpg


  「さすさきに さいほうじょうど ありやなし」
d0098541_1071030.jpg

  右手で方向を指しているはじめて見る地蔵でした

[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-27 10:12 | フォト五七五 | Comments(0)

大朝

 花菖蒲が見たくなり北広島市大朝まで出かけました。 「小倉山公園」です、そう
花数も、種類も多くないみたいでした関西の「城北公園」等とは比べ様が無いかなと感じました。
小倉山も戦国時代の山城ですので、登ってみました。 発掘しているので、様子が解り
案内板も丁寧です。  
其の後「吉川元春館跡」を見学大きな石垣目は素晴らしく、直ぐ側に石切場が在ったようです。

  「ぬれそぼつ しろきころもを すかしおり」
d0098541_16575691.jpg


  「つゆさむに たたずむさまに うれいあり」
d0098541_16593181.jpg


  「やましろは すぎのこだちと なつのくさ」
d0098541_171013.jpg


  「せんごくの やかたあとあり つゆはれま」
d0098541_1714199.jpg

  「吉川元春」は「毛利元就」の次男です

[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-22 17:08 | フォト五七五 | Comments(0)

やなしおウォーク

 17日月例やなしおウォークに参加して来ました。 笹ユリが目当てでした、咲いてはいましたが
蕾も沢山あり、まだまだ楽しむ事が出来ると思います。 茸もあり秋とは違うものが見えましたが、
さあ、食べれるかどうかは解らず、写真だけにしました。

  「せいりょうの はながむかえて なつきざし」
d0098541_1047286.jpg


  「ことわりと みずのうえなり たまごかな」
d0098541_10484399.jpg

モリアオカエルの卵です、希少生物とかでも卵は色んな所で見ます。

  「なもしらぬ きのこさまざま かおをみせ」
d0098541_10514443.jpg
d0098541_10523321.jpg

古事記 (学研M文庫)

梅原 猛 / 学習研究社


[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-19 10:57 | フォト五七五 | Comments(0)

竹田城址

 大阪から帰る道を色々考えて、福崎から但馬方面へ車を走らせました。急いで帰る必要も無く
前から行きたかった「竹田城址」に寄って来ました。 まずは「立雲峡」からの全体像を
撮りに行きました、桜の季節は良いようでした。その後城の方に回りました石垣の美しさ
眼下の円山川、素晴らしいパノラマを堪能しました。汗かきながらの観光でした。

  「しきとわず たずねてきたし そらのしろ」
d0098541_17224222.jpg


  「まるやまの ながれしたみる つゆはれま」
d0098541_1724632.jpg


 鳥取に向かい9号線を走って来ました。

[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-16 17:28 | フォト五七五 | Comments(2)

帰阪

 7日に此方を出て大阪に向かいました、時間を急く事は無いので少し寄り道を考え、
まずは神石高原に向かい、山野草の里にカーナビは無いので少し迷いましたが何とか到着。
春の物は終わっていましたが、紅の山芍薬が見れました、白より一か月遅いそうです。
其処から高梁に向かい、ベンガラの里を訪ねました、標高500M以上の事高梁に近いと思っていたので
ビックリ、山の奥です人も50人位とコーヒーを飲んだ処で聞きました。
木造の小学校が廃校の由是非見てくださいと、訪ねて来ました趣は在りますが。
当方の田舎も良く似た物ですが、其の後岡山に出て山陽道にて大阪に。
  「べにいろの やましゃくさいて なつちかし」
d0098541_1929853.jpg

 7月半ばには天涯の花が見れるとの事再訪を考えます。

  「べんがらも かぜにいろなし つゆはれま」
d0098541_19335599.jpg


  「ひとのこえ きこえぬさとの きのこうしゃ」
d0098541_19354853.jpg


  「きびのみち とうははるかに りんとして」
d0098541_1937186.jpg

古事記 (学研M文庫)

梅原 猛 / 学習研究社


[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-15 19:40 | フォト五七五 | Comments(0)

慣らし運転

 3日にも、車になれる為ドライブをして来ました、ノーマルでも田舎は信号が少ないから
そう頻繁に、クラッチの切り替えはしませんので楽です。
桜江町の方に、目的は無かったのですがうろうろして来ました。

  「こもれびを あびてこぼくの こえをきき」
d0098541_19243489.jpg

 樹齢500年とかのケヤキです、鮎観橋の直ぐ側にあります。

  「いかつりの いさりびひかり なつちかし」
d0098541_19314913.jpg


 江津市黒松漁港です、風力発電の風車が並んでおります

橋の上-居眠り磐音江戸双紙帰着準備号 (双葉文庫)

佐伯 泰英 / 双葉社


[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-05 19:36 | フォト五七五 | Comments(0)

衣替え

 6月1日新しく車が入りました、マニュアルなので慣れる事も必要ですのでドライブをして来ました。
まず美郷に寄り、三瓶山「姫逃池」の杜若が盛りとの事写真を撮りに行き、其の後大田市山口町の方に
車を走らせ、「佐田」方面の看板が出ていましたが場所の見当が付かず、とにかく走り
出雲の看板を見ましたので、出雲大社迄足を伸ばして来ました。
交通安全のお守りを頂いて帰ってきました。疲れることも無く、帰阪も大丈夫でしょう。

  「でんせつの ひめのけしんと かきつばた」
d0098541_18545987.jpg


  「あたらしく おまもりそろえ ころもがえ」
d0098541_18575546.jpg


  遷宮の屋根も出来あがったようです、周りに風情は有りませんが、道路も工事中で
来年まで掛かるでしょう。

古事記 (学研M文庫)

梅原 猛 / 学習研究社


[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-02 19:05 | フォト五七五 | Comments(0)

田舎暮らし

 夜中、大きな蛾が網戸に摑まっていました初めて見ました。 色がすごく神秘的に見え
名前などは知りませんが、ナカナカ珍しいと写真に撮りました、 採集とかは興味が有りませんので。
昔、子供時代に少し歩いたような気のする山道を、歩いてきました。
人の生活が解るような石垣など見ながら、歩いたのですが。途中から木を運び出す砂利道にぶつかり
その先が分らず、砂利道を歩いて戻りました。 五月も終わりました。

  「やみのなか たずねしものは ようびなり」
d0098541_1813148.jpg


  「いとなみを のこせしやまの ふるきみち」
d0098541_1832072.jpg


  「はしたどる とおいきおくの ごがつじん」
d0098541_184468.jpg

日本のパワースポット案内 (SAKURA・MOOK 75)

笠倉出版社


[PR]
by nejibanadayori | 2012-06-01 18:08 | フォト五七五 | Comments(2)



フォト五七五
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
> snowdrop-n..
by nejibanadayori at 20:23
おはようございます。藤の..
by snowdrop-nara at 05:49
> kazuさん こん..
by nejibanadayori at 17:43
こんばんは ボタン..
by kazu at 23:41
> snowdrop-n..
by nejibanadayori at 12:04
nejibanadayo..
by snowdrop-nara at 20:35
> susatanさん ..
by nejibanadayori at 19:27
おはようございます♪ ..
by susatan at 05:46
> snowdrop-n..
by nejibanadayori at 19:25
お里からコメントをありが..
by snowdrop-nara at 20:50
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧